犬を迎える

犬の育て方でやってはいけないこと1

ペットブームもあって、本屋さんに並ぶペット関係の本の数々。

誰でも何冊かは読まれているはずだと思います。

たくさんの情報からいろいろなしつけ方を書かれている通りに

実践してみたと思います。

でも…、

ご自分の犬のことを真剣に考えている人こそ、

マニュアル本の情報で固まってしまい上手く行かず、

ますます違った方向に進んでしまう陥りやすい罠があるんです。

なので、少し思いとどまってみるのも必要だと思います。

本は本としてひとつの活字情報として捉える方がベターな時があるのです。

実際に犬を迎えて、犬と暮らしてみて、本に書かれていることを比べてみて、

これは違うなと思う代表的な例を書いてみます。

躾は犬を迎えた日から半年が勝負

これは有り得ません。ある程度の成犬になっても躾(矯正)は入れられます。

迎えたばかりの時期で一番大事なことは馴致させること。

つまり、新しい生活(家族)に馴れさせる環境を整え、子犬に一番必要な愛情を注ぐことです。

家に来た日から勝負だなんてナンセンス。

子犬に強要するなど拷問以外の何物でもありません。

この時期は絆づくりの土台を築く大事な期間、犬との生活は勝負ではなく愛情、絆で繋がるんです。

甘噛みを許すとアルファになる

攻撃性のあるものと本当の甘え噛みの違いを明記していないのでダメ。

興奮、高揚感で人の足に喰らいつく、オモチャで遊んでいるのに手を選んで噛んでくる、

これらは確かにNGです。叱りどころと言えます。

でも、甘えの延長の場合は甘えたい気持ちで舐めていて、

それでは足りなくて歯グキのむず痒さも有って噛み噛みしてしまう。

意思表示の根幹が異なるので一括りにしたら犬の心が満たされません。

教え伝えていけば段階的に力の入れ具合も要領を飲み込んでいきます。

逆にこれを良い機会にして歯磨きやマズルコントロール出来るように

慣れさせるほうが賢い選択だと実際に思います。

服従させる為に強制的にマズルコントロールやホールドスティールを行なう

何も関係構築できていない中であまりにもナンセンスな記載です。

ホールドスティールが出来ても決して納得していない犬が多いのです。

犬が我慢してくれているだけだということを見落としています。

段階的にこれは関係ができていく過程で出来るようになっていくものです。

最初から革手してまでやるようでは先はありません。

群れのボスとして支配すれば犬は自分のポジションを理解し喜んで命令に従う。家族の一員ではなく群れとして扱う

あいにく人間は犬にはなれません。

犬も人間を犬として見ているものではありません。

信頼関係があるから人の言うことを理解しようとして、

それを行動にうつしているのです。

家族全員が自分を取り巻く環境だと犬は認識しているのであって、犬の群れとはナンセンスです。

食餌は人間より先に与えてはいけない

有り得ません。

権勢行動を防ぐため、食餌の途中で食べ物を取り上げる、寝ているところをどかす

最初からこれを行なうのは順序が間違っています。

犬が勘違いして成長している場合や修正、矯正トレーニングの場合であれば、

これらは有効性がありますが、それも条件付きでこれらに続く付帯作業があるのです。

 

人と同じ部屋で寝ないこと

そうしたい場合は犬を先に布団に上げず、同じ高さで寝ないこと

 

これ単体で考えた場合、であれば我が家の犬達は全てアルファになっています。

何らかの目的意識や必要に応じて、

部屋への移動は人間が必ず先とかする場合があります。

車からの飛び出しを予防するための矯正訓練でも使う場合があります。

同じ布団で一緒に寝ても関係が乱れたりしません。

乱れるには他に原因があると思います。

いけない事をしたら無視する、放置する

これは虐待です、迎えたばかりの子犬に取るべき選択ではありません。

命令に従った時のみ誉める

犬の頑張りに対して、努力に対しても誉めるべきであり、

体をふれるのは愛情表現、気持ちを伝える手法のひとつです。

あまりに時代錯誤な内容です。

 

悪戯した現場をその場で押さえていない時は叱らない

犬は5分前のことは覚えていない

 

子犬の場合はこれに当てはまります。

経験値が全く無いからです。

ただし、いけないことを教えられて解っている成犬は問答無用で叱るべきです。

表情と行動を見れば誰でも分かるはず。理解していれば時間経過していても自覚があるんです。

 

何でも本や情報を鵜呑みにしないことが大事です。

人間のマニュアルなんて実際に通用しないのと同じなんです。

 

 

つづく



にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

  



関連記事

  1. 良いブリーダーとは1
  2. 良いブリーダーとは3
  3. 犬の育て方でやってはいけないこと2
  4. ドッグトレーナーを選ぶ
  5. ドッグトレーナーを選ぶ2
  6. 良いブリーダーとは2
  7. 犬を選ぶ~Fin~
  8. 犬を選ぶ③

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
 

PAGE TOP