日常・暮らし

ドッグトレーニング

犬に対する訓練の必要性

「犬にわざわざお金をかけて訓練学校…。

犬なんて庭に小屋を置いて繋いでおくだけで十分だし、それで言うことをよく聞いていた」

今でもこういう意見を実際に耳にします。

更に自由と我儘、甘えを混在している人、

犬は吠える動物だからしょうがない、小型犬は小さくて弱いから大きい犬相手に吠えるのは怖いから等、

全く理屈が通っていない、飼い主任せで一貫性のない日本国内の飼育方法が各所で散見されます。

訓練に否定的な人、必要性を感じていない人が殆どなのではないかと思います。

一方では犬に対する考え方が確立され、ある特定な範囲内ではあるものの少しずつそれらが

拡大している傾向があることは非常に喜ばしいことと思います。

ただ、それら特定の人々は飯のタネとなる情報を簡単には提供しない、

ホームページで料金を調べると決して安くない、むしろ高いと感じられるレッスン料が必要、など

気軽にはじめられる環境ではないというのも事実だと思います。

でも…犬の訓練は学校に通わなくても可能です。

犬に関する知識、経験が豊富で、訓練の基礎を会得している飼い主であれば、

自身が自宅で基本訓練を行なうことは十分可能です。

ドッグスクールに通うには相応の費用も必要ですし、

グループレッスンはちょっと…という人もいらっしゃると思います。

経済的に、メンタル面で、ご自身の考え方で歩み寄りが果たせない場合は、

自宅トレーニングを選択することになるでしょう。

いずれにしても、ご自身の犬に不自由なく市民権をしっかり与えて楽しく暮らしたいのであれば、

どんな犬でも基礎訓練は必要ではないでしょうか?

犬には自由にしたいようにさせるべきで訓練なんてナンセンス、可哀想

その様な考え方の飼い主に飼われている犬が可哀想です。

犬という動物は社会性を持った動物です。

野生では群れのリーダー犬をトップにヒエラルキー(階級組織)の中で統率され、

厳しいルールを守り暮らしています。

リーダー犬は「自分達は何をすべきか」を示し、群れはそれに従うのです。

自由にしたいようにしている犬など群れの中で生きていくことは出来ません。

母犬は秩序を守らない子犬を容赦なく叱ります。

かわいいからと、子犬を甘やかしがちな人間とは大きく違います。

人間に飼われている犬に置き換えた場合、飼い主が主導権を持つリーダーとなります。

いわゆるボスとはちょっと意味合いが違いますが…。

飼い主が「何をすべきか」を教え伝えるのがいわゆる訓練なのです。

リーダーが主導権も持たず一貫性がなければ犬は混乱します。

広大な広場で犬を開放しても好き勝手放題の生き方をしている犬でない場合は、

何も指示されず声も掛けてもらえないと犬の動きが止まります。

飼い主から100%の自由は 犬にとってありがたいものではないのです。

ドッグランでノールールで遊ばせる行為なども本来の趣旨であれば見直すべき事由だと言えます。

走りたいんだから好きに走らせる、これは犬の立場を全く尊重していない軽視した考え方です。

混沌とした時間経過の中で、

やがてその犬は日々吠えまくる、

荒れ放題で手当たり次第に噛みまくる、

飼い主に対しても攻撃的になる(自分に主導権があると飼い主に誇示する)、

必要以上に甘えて我儘になる等の問題行動を引き起こすことになります。

伴ってリーダーにはそれなりの責任が発生します、当然のことですが…。

むやみに威張り散らすだけでは尊敬されないのは当然、群れを混乱させます。

見透かされて犬の判断基準の中で動いて怒鳴られないようにしようと線引されます。

飼い主は、どんな状況下でも冷静に的確な判断を下すこと。

そして常に公平であることなど、

飼い主そのものがリーダーとしての資質を育む、知識や技術を会得するだけではなく、

土台となる基本を学ぶのが犬の訓練学校本来の目的なのです。

そう考えていくと、訓練しないほうがかわいそうだと言う結論に至るわけです。

問題犬が訓練所、訓練学校に行く

これは全く違います。

問題犬になる前、してしまわないうちに訓練することが何よりも大事なのです。

基本的な、

『スワレ』

『フセ』

これらは月齢2ヶ月の子犬でも簡単にマスターさせられます。

でも、必要なことはそのような形を覚えさせるのではなく、

訓練を通じて飼い主と犬との関係を構築すること、信頼を築くことなのです。

さらには自分が犬に対して要求することをいかに効率よく合理的に伝えるか、

行動させるか、そのスキルを学ぶことなのです。

ドッグスクールに通ったけど、それきりで全部忘れる

犬の訓練(トレーニング)は一度やったから終わりではありません。

ずっと同じように継続する必要があります。

自分自身に置き換えて考えてみれば単純明快です。

たった一度、過去に習ったことを今でも不自由なく使えるものは少ないと思います。

犬も同じ、使わなければ忘れてしまうのです。

毎日5分間で良いので一緒に思い出しながら訓練を再開しましょう。

我が家でも一度やったことは必ず継続しています。なのでどんどんそれが増えてしまっているわけですが、

それが引き出しを多く持つと言うことなのだと思います。

玄関のドアを開ける前、車に乗せる前、降ろす前、散歩中にフンを始末する間、

フードをあげる前、一緒に遊ぶ前等、ワンクッション入れて「スワレ」、「マテ」をさせるのも訓練なのです。

犬にお金を掛けすぎ

絶対に訓練学校に通わなければならないというものではありません。

自宅でも訓練は十分可能です。

でも、犬飼育の初心者の方であればプロの訓練士、トレーナーからやり方を学ぶことそのものが

非常に勉強になると思います。

犬のためではなく飼い主自身の為に通う、強いてはそれが犬のためになるのですから。

何の手も施さず、好き放題に育ってしまった場合を考えれば答えは明らかです。

大事なものを齧られた、他人の高価な服を汚した、他人に怪我を負わせた、

家の設備を破壊して修繕費に頭を抱えた…。

それらと比較したら、犬の訓練に費やすコストなど安いものだと思うのですが。。。

飼い主の責任の重さを自覚すべき

「犬のしでかした事なんだから大目に見てくれ」

有りえません、今時こんな言い分など通用しません。こういう人は犬を飼ってはいけないのです。

散歩中にした犬の糞の処理、始末に対しても飼い主の責任があるのです。

決して自然に還るものではないのです。

日本で、自分の犬が人を噛んで大怪我させた場合にどうすべきか理解している人は多くありません。

海外であれば飼い主の責任において薬殺処分も普通です。

日本では保健所に24時間以内に届け出て咬傷届をする義務があります。

そして48時間以内に獣医師に診断を仰ぎ狂犬病ではないという証明書類を発行してもらい保健所に提出します。

”犬は本能に従っただけで、何の罪もない”という声が聞こえてきそうですが、

これは犬に対して冷たいのではなく自分の犬をコントロール出来ない飼い主そのものを問題視しているのです。

飼い主そのものを厳しく罰するのが目的なのです。

このような悲劇に終わらない為に普段から犬をしっかり訓練することが必要なのではないでしょうか。

日本も愛犬ブームからはじまり、犬も家族の一員として扱われている時代です。

犬を連れていると見ず知らずの人でも気軽に声を掛けてくるのです。

犬も喜んで相手に飛びついたり、服のすそをひっぱるなどお行儀の悪いことをする場合があります。

日本では大丈夫ですと国民性で返して暮れるケースが多いですが、

本来は他人の犬でもきちんと叱って貰わないと困るのです。

犬をコミュニティー・メンバーとして迎えてくれる風土を作らなければ海外諸国に追従する、

本当の意味で犬に市民権を与えることなど不可能です。

そして、犬もコミュニティー・ルールをしっかり守らなければなりません。

そのルールを教えるのは飼い主です。飼い主の責任なのです。

しっかり訓練された犬は、

最終的に誰からも愛される幸せな犬になれるのです。

すべての犬がそうあるべきだと願ってやみません。

 

関連記事

  1. 犬の育て方でやってはいけないこと1
  2. 犬を選ぶ~Fin~
  3. ドッグトレーナーを選ぶ2
  4. Preparation【準備】
  5. ドッグトレーナーを選ぶ
  6. 犬の育て方でやってはいけないこと2
  7. 犬を選ぶ③

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
 

PAGE TOP