課題・問題

ドッグトレーナーを選ぶ

日本でも犬の躾を教えてくれる業種が増えました。

警察犬訓練士から派生したとタイプから、

ドッグトレーナーと呼称を変えたタイプまで、

本当に多く目にするようになりました。

ドッグトレーナーと言う仕事は国家資格で厳格化された資格ではなく、

公的団体から試験や各種条件を満たした者に交付される認定程度のものというのが実状です。

極端に言えば認定無しでもドッグトレーナーを名乗ることは可能です。

ただし、自治体への動物取扱業の届け出などしておかないと付随する仕事は出来ません。

ドッグトレーナーにより手法、トレーニング方式(メソッド)は様々

海外では体罰式が行われていたのはかなり昔の話ですが、

日本国内では今でも体罰式、力や道具による抑圧、恐怖政治的な手法が取り入れられています。

これらを全て否定するものではありません。

場合によっては使わざるを得ないケースも実際にあるのです、真剣勝負ですから。

でも、一般家庭犬に対する恐怖政治的な訓練、体罰は犬にとってつらいだけでなく、

後々とり返しのつかない問題を引き起こす危険性をはらんでいるとして支持されません。

問題を発生させずに終わる場合は、その犬の資質が非常に良好である、

または犬の中で自己解決して人が救われているというのが実状です。

トレーニング手法として、

ご褒美で食べ物を使う、使わない。

ジェントルリーダー、スパイクチェーン、チェーンチョークを使う、使わない。

それぞれに利点・欠点があります。

ご自身でいろいろ調べて、一番自分が納得がいく方法を選ぶことが大事だと思います。

出来る限り多くのトレーナーとコンタクトを取ってみる

電話や問い合わせメールで質問をどんどんぶつけてみるべきです。

トレーニングメソッド、トレーニングコースのレベル、グループ訓練と個別訓練の違い、

トレーニングの場所(これは大事)、日程的なこと、費用、万が一の為の補償など。

メールよりも電話が良いです。

その対応の様子でトレーナーそのものの人柄、キャパも確認できるからです。

この人は駄目、合いそうにないと感じたら一緒に犬のトレーニングなんて不可能です。

また、トレーナー自身が何を目指しているのか、訓練ビジョン、スタンスが明確かどうか。

家庭犬としての基本的なしつけなのか、服従競技会用の本格的な訓練なのか…。

少しでも不安、疑問を解消する為にも聞いておくべきだと思います。

実際の姿を見学させてもらう

あれこれ言葉で聞かされるよりも、

実際にトレーニング真っ最中の犬達、飼い主の方々を見ることで、

どのくらいの水準、内容を習得出来るか予想しやすくなるからです。

見学不可というのは奨めません、言っていることとやっていることが乖離していたり、

メソッド、トレーナースキルそのものの信憑性が疑われます。

トレーナーと、ご自身の犬との様子をチェック

犬は本当に正直な動物です。

ファーストコンタクト一発で相性、関係性を見抜けます。

懐いているようであれば犬から出ているOKサイン、良いかもしれませんね。

どの様な問題犬でも必ず更生させる

こう豪語するトレーナーは実際考えもの。

まず出来ません、力勝負に持ち込んでお互いにボロボロになって挑み合い、

一時的に修正が効いても数年後は疑問符がつきます。

まともな感覚のトレーナーであれば、そんなことは不可能だとよく理解しています。

犬のトレーニング、訓練も根本的な性格、気質から変えるのは無理。

何よりも優先すべき順序は、

今現在飼い主とその愛犬が抱えている問題を的確に把握し、

その解決に向けて飼い主と取り巻く環境を精査した上で実現可能な目標を掲げてくれて、

専門用語など並べずに具体的かつ、わかりやすい対処法を教えてくれるトレーナーを選ぶべきだと思います。

必死なのは理解できるのですが、

熱くなりすぎて犬の首を掴んで地面に倒して押し付ける、

蹴り上げる(特に腹部や腰、脚部)、物で殴る。

犬にも得手不得手があるにも関わらず強要する(海に投げ込む、川に投げ込む)。

こういう行動をしているトレーナーが今でも普通に活動しています。

しっかり見極める、判断出来る目を養うことも大事だと思います。

つづく

関連記事

  1. ドッグトレーナーを選ぶ2
  2. 犬の育て方でやってはいけないこと2
  3. 犬を選ぶ~Fin~
  4. Preparation【準備】
  5. 犬を選ぶ③
  6. ドッグトレーニング
  7. 犬の育て方でやってはいけないこと1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
 

PAGE TOP