犬を選ぶ

A dog is a dog is a dog

犬は犬、みな同じ

トレーナー、専門家もよく言う。

血統、出処なんて関係ない、犬は犬でみんな同じという意味を込めているらしい。
確かに犬同士で遊んでいるのを観察すると、

血統なんて関係ない、差別しているのは人間の方である。

そう、区別ではなくて差別…。

純血種、雑種、それぞれに魅力と欠点があります。

最終的にどちらを選ぶかは好みの問題ですが、

自分自身の環境などを鑑みてよく考えた方が良いと思います。

「雑種」

雑種は今の時代だとMixと呼称され、ひとつのアイデンティティーになっています。

しかしながら、まだまだ”雑種”は貧乏人の犬という偏見が強いのが事実です。

純血種同士を掛け合わせるとMixで、

出自の知れない犬同士の掛け合わせだと雑種なのかもしれません。

雑種の最大のメリットは純血種と違って全くプレッシャーがない。

こうでなければならない、こうあるべき、出来る、やれるはず…これは実はしんどい。
でも、雑種の場合は大抵がうっかり妊娠の結果。はじまりからリラックス出来ている。
オーナーの期待値も高くないので大らかでノンビリした犬が多い。

一方でいろんな可能性を秘めている犬とも言えます。
日本国内の考え方だと、

使役犬になるには純血でないとダメだと思っているフシが多い。

だけど、実際はそんなことはない。
外国では介助犬、ガードドッグ、ホスピタリードッグ、セラピードッグ、災害救助犬、

タレント犬、モデル犬等、あらゆる場で雑種が活躍しているのを目にします。

雑種は丈夫で体力もあり、物覚えが良いからと好むトレーナーもいます。
それぞれの親から好ましい性質を受け継いで生まれた子の場合、

純血犬より都合が良い場合が多いです。

例えばゴールデンレトリーバやラブラドールレトリーバは盲導犬で有名ですが、

毛が抜ける為にオーナーがアレルギーだと困るケースがある。

そこで、プードルを掛け合わせた犬の毛がプードルだとそういう問題がクリアされます。
実際にラブラドゥードルという犬種が存在し、活躍しています。

関東地方でも有名な所がありますね。

雑種のデメリットは親の形質がどれだけ出るか予測がつき難いところ。
体の大きさ、毛の長さ、気質…。

なにがどうなるか分からないと、

将来像を楽しみと考えて育てるのも楽しいと思います。

「純血種」

純血種とは明確な目的を持って作られた犬のこと。

日本では純血種は受難の犬生である。
すぐ流行に飛びつく国民のニーズに応えるべく、

ヌイグルミ工場で大量生産するように子犬を繁殖する。

もともと少ない遺伝子プールの中で繁殖を重ねる結果、

生まれつきに疾患を持っている犬が多い。
また、流行の衰退と共に犬も捨てられてしまったりする。

人間の欲の数だけ犬種が存在する。
運動神経に優れた犬が欲しい、

家畜の番が出来る犬が欲しい、

狩猟の友となれる犬が欲しい、

抱っこして可愛がれる犬が欲しい…。
そうした人間の希望をかなえるべく作り出された純血種は、まだまだ増え続けています。

純血種のメリットは犬を飼う目的がはっきりしている場合は選択が容易な点。
水鳥猟に連れていくならポインターなどのガンドッグやスパニエル、レトリーバ。

ドッグレースならグレイハウンド、

ディスクドッグスポーツだとボーダーコリー、

犬ゾリを引かせる代表的な犬種だと北欧系。

なによりも、成犬となった時の体のサイズが予測出来るのが助かります。

適したクレート、彼らの生活環境を準備してやれるからです。
どんな性質を持っているか、

どんな犬種特有の遺伝的疾患があるか等、事前に情報を得ることも今では十分可能だし、

その情報が質、量共に昔に比べてかなりの精度で充実しているのが純血種最大のメリットだと言えます。

見た目にこだわる人には純血種はハズレが少ないので好都合。
毛の長さや質、色、耳の形、尻尾の形など、子犬のうちから高い確率である程度の予測が出来ます。

最大のデメリットはダントツで遺伝的疾患の多さ、これに他なりません。
ある特定の形質を作るために、インブリードやラインブリードなど、

近親交配を繰り返した結果、股関節形成不全をはじめとする遺伝性の病気が子孫に受け継がれてしまった。

よく勉強をしているブリーダーが最大限、注意を重ねて繁殖させても異常個体が生まれてしまう。
これは、もう純血種の宿命だとしか思えません。

 

そして…

純血種の場合、オーナーが犬の意思とかかわりなく張り切り過ぎて入れ込む場面が多い。
「ボーダーコリー飼ったからディスクドッグしなくちゃ」などと、

強引に広場に連れて行ってひたすら練習、特訓…。

あの手、この手を使ってみても、

犬がのってこないと「どうしてやらないんだろう。この犬は本当にボーダーなのか」と本気で悩む。

強いてはこんなはずじゃなかった、別の血筋の…などと本末転倒な発想に繋げる人もいます。

こういう人の頭の中の構造はボーダーコリー=ディスクドッグ&スポーツドッグ

という勝手に決めつけた方程式が出来てしまっていると思う。
これは災難、ボーダーコリーにもいろんな性格の犬がいるのです。

スポーツとされる分野に興味を示さない犬もいるし、

牧羊犬だろうと接触させてみても羊が嫌いだったり、

それ以前に労働意欲が低い犬だって当然存在します。

 

犬を迎える時に予めしっかりとした目的、ビジョンが無い中で犬を迎えることは犬にとって災難です。

自分自身のビジョンを明確にした上で、選んだほうがいいです。

A dog is a dog is a dog.

血統がなんであれ、犬は犬。みんな同じ

忘れないで欲しいと思います。

関連記事

  1. 犬の育て方でやってはいけないこと2
  2. 良いブリーダーとは1
  3. 犬を選ぶ②
  4. 犬を選ぶ①
  5. 犬を選ぶ③
  6. 犬を選ぶ~Fin~
  7. 良いブリーダーとは2
  8. 犬の育て方でやってはいけないこと1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬の日常へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
 

PAGE TOP